ペーパードリップでの入れ方

ペーパーフィルターをドリッパーに密着するようにセットします。
そしてサーバーの上にドリッパーを置きます。

挽いたコーヒー豆をフィルターに入れ、揺すってならします。
粉の量は1杯あたり、12gが目安です。

お湯の温度は90度前後がいいでしょう。
沸騰したお湯を20秒位おくとその位の温度になります。

少量のお湯を注いで、蒸らします。
蒸らすことによって成分が抽出しやすい状態を作ります。

お湯を粉の中心から『の』の字を書く様にゆっくりと注ぎます。
お湯の量はドリッパーからコーヒーがポタポタと落ちる位が丁度いいです。
暫くそのまま蒸らします。
注湯用のポットは、口先が長くて細いものが入れやすいです。
やかんは少量ずつ注ぐのには向いていません。

つぎに二回目を注ぎます。
この時も『の』の字を書く様に注ぎます。
表面の泡がへこみ始めたら、その分量を補う様に少量ずつ数回に分けて注湯します。
ドリッパーの淵にはお湯が行かない様に注意しましょう。

コーヒーが落ちきる前にサーバーからドリッパーを外します。
出来上がったコーヒーをカップにいれて出来上がりです。